喜怒哀楽な日々

へっぽこ生活の中で感じた様々な事をつらつら書き連ねてます。あとハマってるアニメ・小説・ゲームの事もチラホラ。本人の性格そのまんまの統一性のない日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

そして神話に走る 

ギリシア神話 ペルセウスの書 (斉藤洋の「ギリシア神話」 2)ギリシア神話 ペルセウスの書 (斉藤洋の「ギリシア神話」 2)
(2009/10)
斉藤 洋

商品詳細を見る

ギリシア神話―トロイアの書 (斉藤洋の「ギリシア神話」 3)ギリシア神話―トロイアの書 (斉藤洋の「ギリシア神話」 3)
(2010/03)
斉藤 洋

商品詳細を見る


図書館の児童書コーナーにあったので、衝動借り。
第一巻にあたる『オリンポスの書』が貸出中だったのが残念。

児童書にカテゴライズされているだけあってか、かなり読みやすいです。
まぁその分はしょってる所もあるんですが、入門編としては良書だと思われます。

『ペルセウスの書』は割と細かく書かれていて、登場人物もそんなにいないのでわかりやすいです。
(メドゥーサから生まれたクリューサオール(だったっけ?)がチラッとしか書かれていないのが、ちょっと気になりましたが)

『トロイアの書』は登場人物がめがっさ多いので、児童に限らず大人も混乱します(苦笑)。
自分が気になったのは、カッサンドラの事。
彼女に関して詳しく書かれていないので、なぜ彼女が予言できるのか、なぜその予言を誰も信じないのか、という理由も書かれておりません(アポロンの事を考慮したからなのかも)。
そこが一番残念。カッサンドラ、ちょっと好きなので。
アキレウスの事に割とページを割いてるので、アキレウス好きな人にはいいかも。

『オリンポスの書』を読むのが楽しみだなー。


ギリシア神話をもう少し詳しく、でも軽く知りたいなー、という人には↓がお勧め。
ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)
(1984/02)
阿刀田 高

商品詳細を見る

これも読みやすいのです。さすが阿刀田先生。

ちなみに自分が持っているので、一番詳しいのがこれ↓。
ギリシア神話ギリシア神話
(1994/08)
呉 茂一

商品詳細を見る

詳しくて嬉しいのですが、馴染んだ名前の表記と違うので(例えば『ヘラ』が『ヘーラー』とか)、ちょい読みにくかったり。
慣れればいいだけの話ですが(ノ∀`)。

神話とか民話とか、小さい頃にもっと読んでおけばよかったなぁ、と思います。
RPGとか、エヴァとか、ハガレンとか、とある魔術とか、Fateとか、とかとか。違った視点で楽しめたのになぁと。

今からでも遅くない!とばかりに、がっさがっさと図書館の蔵書検索中。
他にも魔道書や錬金術書を探してみたりとかね。

べ、別に魔術師を目指してるわけじゃないんだから! ちょっと興味があるだけなんだから!!
スポンサーサイト
[ 2010/06/10 23:18 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
プロフィール

何処おやじ

Author:何処おやじ
アニメ・お笑い・ゲーム好き。
twitter:o_dkzn
HP(別窓で開きます)

カテゴリー
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。